若い人

サプリメントの安全性って大丈夫?

コンドロイチンを摂取したときの効用は、いろいろとありますが、関節痛などを軽減することなど軟骨に関しての改善効果が一番大きいものです。
その他には、美肌効果、血行促進、目の角膜を正常に保つ効果などもあります。
コンドロイチンをサプリメントで摂取する場合には、関節痛の改善や美肌などを目的としている場合が主でしょうから、特に一般の人では、その副作用を心配する必要はありません。

病気の人の場合では、例えば、喘息の人がこのようなサプリメントを摂取すると症状が悪化するようなことも言われていますし、血液が固まりにくい人の場合には出血しやすくなること、また、血液の凝固を防ぐ薬剤を服用している人では、その作用が効きすぎて出血しやすくなり危険です。
コンドロイチンのサプリメントは、コンドロイチンが単独で含まれているものは少なく、普通の製品では、グルコサミンやヒアルロン酸、コラーゲン、各種ビタミンなどが加えられています。
そのため、これらコンドロイチン以外の成分の副作用も気に留めておくべきでしょう。

グルコサミンは、一日に1.5g程度が摂取の上限と言われています。
これ以上摂取した場合には、全ての人ではありませんが、胃腸の調子が悪くなる傾向があります。
また、グルコサミンは甲殻類を原料として作られることが多いですから、甲殻類アレルギーの人では、摂取することでアレルギーの症状が出ることがあります。

また、糖尿病を患っている人では症状が悪化する場合もあると言われています。
ヒアルロン酸の副作用は、一般的にないとされています。
ところが、コラーゲンは、一部の人にアレルギーの症状が出ることがわかっています。

しかし、サプリメントに含まれるアレルギー物質はコラーゲンだけではないため、アレルギーが出てしまった時に原因物質を突き止めることは難しくなります。
ビタミン類では、一部のビタミンに過剰摂取した時の副作用がありますが、サプリメントに含まれている量は少ないか全く含まれていないですからあまり心配はしなくて良いでしょう。
このようなサプリメントを摂取する時には、アレルギーの人を除き、一日の摂取量を守っていれば安全性には問題ないと考えられます。

Copyright(C) 2013 健康な生活をしていく中で欠かせない栄養素 All Rights Reserved.