若い人

コンドロイチンが注目されている理由

人間も歳をとってきますと体にいろいろな不具合が出てきます。
その中の一つに関節痛があります。
このような痛みがよくでる部位は、膝や腰、肩などですが、このような症状がありますと日常の生活にも支障が出てきます。

特に、膝や腰が痛む場合には、歩行が困難になったりしますし、仮に平地を歩くことができたとしても階段などの登り降りはかなり辛くなります。
また、肩に痛みがある場合には、洗顔や入浴が自分一人でできなくなることもあり、生活をする上で不便でもあり不快でもあります。
加齢とともに起こる関節痛は、関節を構成している軟骨がすり減ってきたりして、その役目を正常に果たせなくなるからだと言われています。

この関節の軟骨は、コンドロイチンやコラーゲンなどいくつかの物質が集まって出来ています。
そのためコンドロイチンなどを外部から補給することで関節を正常な状態にするという事ができ、結果的に関節痛を軽減またはなくなるようになります。
コンドロイチンの外部からの補給には、効果的なものに医療機関で筋肉や血管に注射する方法がありますが、結構面倒ですから、軽い症状でしたらコンドロイチンのサプリメントを摂取する方が簡単です。

サプリメントを摂取した時の効果はどの程度か気になりますが、(個人差が大きいのですが)一ヶ月から二ヶ月ほど続けますと痛みが軽減されることが多いと言います。
以上は、関節痛の軽減の話でしたが、コンドロイチンには、そのほかにも注目される性質がいくつかあります。
よく知られているところでは、血流が良くなり新陳代謝が活発になることやコンドロイチン自身の保水性が高いことなどがあります。

このうちコンドロイチンの保水性に着目して、美肌のためのサプリメントとして摂取されることもあります。
歳とともに肌は乾燥しやすくなりますので、これが、シワやカサつきの原因となりますが、コンドロイチンの保水性によって、潤いのある肌にすることができます。
以上、コンドロイチンが注目される理由として2つ紹介してみました。

Copyright(C) 2013 健康な生活をしていく中で欠かせない栄養素 All Rights Reserved.